海外送金

コスト削減

支払手数料の経費削減とは?|企業間の銀行振込、海外送金、クレジットカード決済、証券代行にかかるコスト削減方法を紹介

企業の事業活動では、多くの決済が発生します。取引先への支払いや給与の銀行振込、海外送金から専門家への報酬に至るまで様々です。そしてほとんどの場合、これらには「手数料」が発生します。 企業の利益率を改善するため、これらの「支払手数料」はできるだけ低く抑えたいところです。今回の記事では、「支払手数料」の特徴を紹介し、専門家への依頼費用である「支払報酬」の取扱い方について説明します。そしてコスト削減しやすい費目として、銀行振込、海外送金、クレジットカード決済、証券代行の4つについて解説します。

コスト削減

海外送金手数料の削減方法とは?費用の特徴と経費削減アイデアを徹底解説

海外送金手数料のコスト構造を解説し、効果のあるコスト削減策をお伝えします。また近年、注目され始めている海外送金代行サービスのメリット・デメリットを、日本の法制度も交えて解説します。事業の国際化に伴い、急増してくるコストの1つが海外送金手数料です。特に原材料や部品、また自社の製品を輸出入している企業や貿易業務を持つ企業では、海外送金手数料をいかに押さえられるかが収益に直結します。