【完全版】価格交渉を有利に進める値下げのコツ。プロが実践する3つのステップ

ビジネスをしていると、何かの製品・サービスを購入する場面が多くあるかと思います。こういったとき、できるだけ安価に調達したいものですが、皆さんは適切な方法で、有利に価格交渉を進められているでしょうか? また価格交渉は、単に値段が下がればいいというものでもありません。取引先と、中長期を見据えた関係性をつくりながら、良い条件を獲得することが求められます。 難しいように聞こえますが、価格交渉はポイントを抑え、簡単なテクニックを実践することで、誰でも有利に進めることが可能です。 本記事では、価格交渉の決め手となる事前準備の方法から、価格交渉時に必要なスキルまで解説します。 TEXT BY Leaner Magazine編集部 ビジネスにおける価格交渉は難しい?よくある問題点を解説 ビジネスでは、価格交渉が必要となるシーンが多々あります。 予算との兼ね合いで安く製品を購入しないといけなかったり、契約条件が長い期間見直されていないなどの理由で、価格交渉を経験した人も多いのではないでしょうか。 しかし、価格交渉をどのように進めればいいか分からず、納得いく結果にならなかったことから、「価格交渉は難しい」と感じている人が少なくないようです。 価格交渉が難しいと感じる大きな原因は3つあります。 1つ目は、「そもそも価格交渉に向いていない調達物に対して価格交渉を行なっているから」です。値下げする余地がほとんどない商品に対して、頑張って値下げ交渉をしたとしても、削減できる可能性は小さいでしょう。 2つ目に、「価格交渉に役立つ事前準備をしていないこと」が挙げられます。例えば、相手の状況を事前に把握せずに挑んでも、感情任せの価格交渉しかできません。これでは、納得がいくまで価格を下げることが難しくなってしまいます。 最後に、「価格交渉時のスキルが足りないケース」です。価格交渉は、様々な状況を想定し、それに応じた交渉手段を取る必要があります。いくつかの対処法を学んでおくことが解決策になります。 以上の3つの問題を、どのように解消していべきか、1つ1つ解説していきます。    Step1:そもそも価格交渉をするべきかどうか見極める コスト削減に取り組む際、すぐに価格交渉に取り組んでいませんか? 価格交渉は、交渉する余地がある場合にのみ有効です。 交渉する余地が全くないサプライヤーに対して何度も価格交渉