相見積もり・見積もりとは?意味やメリット、マナーなどポイントを解説

企業がモノ・サービスを購入する際、役立つのが「相見積もり」のプロセスです。皆さんは相見積もりの意味やメリット、マナーについて理解していますか? ポイントを抑え、効果的に相見積もりを実践することで、コスト削減やガバナンス強化など様々なメリットを手にすることができます。しかし、いざ相見積もりを取ろうとしたとき、具体的なステップが分からないという人も少なくないようです。 相見積もりには、知っておくべきいくつかのポイントがあります。この機会に相見積もりのやり方をマスターしてみませんか? TEXT BY Leaner Magazine編集部 相見積もりとは?用語の意味を解説 相見積もりとは、個人や企業がモノ・サービスを購入する際に「複数の業者に見積もりを取り、価格や条件を比較すること」です。 製品の購入や新たな取引先を決めるときに、1社から見積もりを取るだけでは、その条件が良いのかどうかを判断することは難しいでしょう。 より最適な条件で調達をするためには、複数のサプライヤーを比較することが重要です。 特に、事業活動を行うためにさまざまな物品やサービスを調達する必要がある企業にとって、相見積もりは不可欠なプロセスと言えるでしょう。   相見積もりをとるメリット 企業が相見積もりのプロセスを実施するメリットは、大きく3つあります。 自社にとって重要な製品要件が明確になり、最適なサービスを選択することができる モノやサービスを調達する際のゴールとは、自社の利用目的に最も合った製品要件を満たす選択肢を選び、実際に活用することです。 その前提に立つと、相見積もりをとる最大のメリットはプロセスを通じて自社にとって重要な製品要件が明確になること、またそれによって最適なサービスを選択しやすくなることだと言えるでしょう。 相見積もりのプロセスは、まず自社内で発注条件を整理し、決定することからスタートします。利用目的を整理し、それに即した期限・スペック・仕様・価格といった選定条件を決めていくのです。 このプロセスを通じ、サプライヤーを選定する軸が明確になることは、調達を成功させるために不可欠と言ってよいでしょう。考えなしに感覚でベンダーを選定するのとは、業務に必要十分な製品・サービスを選ぶことができる度合いに、大きな差が生じます。   競売環境が醸成されることで価格が下がり、コスト削減効果が得ら