クラウドサーバーはもっと安く利用できる?コストを40%削減できる賢い方法

突然ですが、あなたの会社はクラウドサーバー費にいくら使っていますか?「オンプレミスからクラウドに移行したけれども、あまりコスト削減に繋がっていない…」という悩みを持つ会社は非常に多いです。クラウドサーバーはきちんと見直してネットワークを再構築すれば、40%コストを削減できる可能性があります。 この機会に、自社のクラウドサーバー費を見直してみてはいかがでしょうか。 本記事では、クラウドサーバーを選ぶ際の賢い選び方をご紹介します。 TEXT BY Leaner Magazine編集部 クラウドサーバー、オンプレミスとは? 「クラウドサーバー」「オンプレミス」を正しく把握していますか?なんとなくわかっていても、他人に説明はできない、という人が多いかもしれません。まずは、クラウドサーバーとオンプレミスの違いについて、正確に把握しましょう。 クラウドサーバー クラウドサーバーとは、オンライン上にある仮想サーバーのことです。自分のアカウントでログインするだけで、データを保存したり使いたいシステムを起動したりできます。大きな装置がなくてもパソコンさえ持っていれば使えるので、利便性が高く、多くの会社がこれを利用し始めています。 オンプレミス オンプレミスというのは、自社内のハードウェアを用いてサーバーを運用することです。従来では一般的な形態で、オンプレミスを導入している企業も多いです。 クラウドサーバーのメリットとは? クラウドサーバーは、オンプレミスと比べて数々のメリットがあります。 初期費用を抑えられる オンプレミスでは、サーバー機器・回線・設定費などの初期投資が必要となり、高価になりやすいです。クラウドは物理的に機器を導入する必要がないため、初期費用もかかりません。また、無料お試し期間が設けられているクラウドサーバーもあるので、比較的始めやすいメリットがあります。 日常的な費用を抑えられる オンプレミスでは、月額の契約費に加え、電気代や保守費のコストがかかります。クラウドはほとんどが使った分だけ払う、従量課金制なのでコスト削減が可能です。 導入がスムーズ オンプレミスでは、設備が整った後に利用が開始できます。一方クラウドは、オンラインでの申し込みが終了した直後に利用が開始できます。 手軽にサポートが受けられる オンプレミスは、自社内の必要容量に応じて、ネットワーク構築・増強・