上場関連印刷費用は30%削減可能?コスト削減方法まとめ

突然ですが、みなさんは、自社のディスクロージャー印刷費用がどのくらいなのかわかりますか?ディスクロージャー費は着目したことがあっても、ディスクロージャー印刷費としては注目していない人がほとんどでしょう。ディスクロージャー印刷費を見直すだけで、年間約30%のコスト削減を達成した企業もあります。 この機会に、ディスクロージャーの費用を見直してみてはいかがでしょうか? 記事では、「ディスクロージャー費の削減」を実現する方法を解説します。 TEXT BY Leaner Magazine編集部 なぜディスクロージャー費は見過ごされているのか? ディスクロージャー費は、上場企業に提出が義務付けられている有価証券報告書や四半期報告書などの必要書類やIR関連の開示の際生じるコストです。定期的にかかる経費であるにも関わらず、見過ごされている理由は2つあります。 削減余地がどこにあるのかわからないから ディスクロージャーを委託する際、内容が不明確のまま、報告書の作成を依頼してしまいがちです。削減余地を理解するためには、書類の作成から財務局・取引所に提出されるまでの工程で、どのように費用が発生するのかを正確に把握することが重要です。 印刷会社との契約が更新されにくいから ディスクロージャーは企業が信頼性を構築する上で、極めて重要な業務です。そのため、一度印刷会社に作成・印刷を依頼すると、スムーズな業務委託の乗り換えができないことを懸念し、契約条件を再考するケースは多くありません。結果的にディスクロージャー費用の契約更新がされずに、自社の費用が相場より高すぎる条件になっている可能性があります。 ディスクロージャー費はどのように計算したらいいの? 自社でコスト削減に取り組んでみようと思ったら、まずは、どのようにディスクロージャーのコストが決まるのかを実際に計算してみるところから始めましょう。 必要書類の提出の際にかかるコストは、主に4つに分けられます。 有価証券報告書・四半期報告書の作成費 有価証券報告書・四半期報告書の作成は、書類が複雑で専門性が高いため自社内で作成することが難しい業務です。ほとんどの場合、ディスクロージャーに特化した印刷業者が作成からサポートしています。費用は、「報告書の作成頁数」と「頁数あたりの単価」、「打ち合わせ費用」の合計によって決定されます。頁数あたりの単価はサプ