70%OFF?什器・備品費のコスト削減を実現する3つのアイデア

突然ですが、みなさんは、普段使っている椅子やテーブルなどの什器・備品費が、年間いくらかかっているのか把握していますか?きっと「そんなの知らないよ」という人が多いのではないかと思います。 什器・備品は一般的に、カタログ定価 × 割引率にて費用が構成されるため、コストを抑えるには、割引率交渉が重要です。この機会に、コスト削減に取り組んでみてはいかがでしょうか? 本記事では、「什器・備品のコスト削減」を実現する方法を解説します。 TEXT BY Leaner Magazine編集部 什器・備品経費の計算はどうしたらいいの? 什器・備品費は、「カタログ定価」と「割引率」を掛けて算出される商品価格に、「人件費」を足して算定されます。それぞれの詳細は以下の通りです。 カタログ定価 カタログに記載されている価格 割引率 商品の割引の割合 人件費  設置費用や設備費用としてかかるメーカーの人件費 什器・備品は、カタログ定価 × 割引率にて一般的に費用が構成されるため、コストを抑えるには割引率交渉が非常に重要になります。 割引率を高止まりさせるために、配送費の無料化や、設置費用の割引等をすることもありますが、論理的に試算すると、割引率を交渉した方が良いケースが多いです。 カタログメーカーは「販売代理店」の機能なので、大抵の場合は仕入れ値が決まっており、バイイングパワーを持ったとしても割引率は一定以上の交渉が難しい。その一方で、バイイングパワーがなくとも割引率交渉の余地が残っているケースが少なくありません。 また現在は、定価より半額以上安く購入できる古商材のマーケットが非常に拡大しているため、カタログ商品を購入する際に古商材の購入を検討するのもコスト削減に有効な手法です。     什器・備品のコストを削減する3つの方法 什器・備品費を削減するアイデアは3つあります。 相見積もり・価格交渉 中古什器・備品の活用 設置費用等の人件費の引き下げ交渉 相見積もり・価格交渉 1つ目の方法は、相見積もりをして取引するサプライヤーを決定し、価格交渉を行ってコストを削減する方法です。 今回はカタログメーカー、製造直販それぞれでLeaner編集部がおすすめするフロンティア技研、清和ビジネス、正直堂、コクヨ、ITOKI、オカムラの6つのサービスをご紹介します。 まずは、カタログメーカーです。 フ