コスト削減成功の鍵。コンサルタントもまず初めに取り組む方法「サプライヤーマネジメント」とは

利益創出の基本は「売上の増加」と「コストの削減」です。双方のバランスを保つことで、経常利益を確保することができます。 しかし、業績がいい時期にないがしろにされてしまうのが、コスト削減です。なかでも「コスト削減」の方法論は、あまり世に出回っていないのが現状です。 今回の記事では、コスト削減のプロが実践するアプローチ「サプライヤーマネジメント」について解説します。 TEXT BY Leaner Magazine編集部 コスト削減のプロが実践する「サプライヤーマネジメント」とは サプライヤーマネジメントとは、コスト削減の王道的な手法の1つです。具体的には、サプライヤーに働きかけ、契約を見直すことでコストを適正化することを指します。 サプライヤーマネジメントはどのように進めるべきか サプライヤーマネジメントの方法について、詳しく解説していきます。サプライヤーマネジメントの方法には、大きく2つのアプローチが存在します。 ベンチマーク比較 ベンチマーク比較とは、現在の価格条件を適正価格と比較し、もし払いすぎてしまっている場合に、適正水準まで価格交渉を行うことです。 ベンチマーク比較は、魚屋さんの例で考えると分かりやすいです。例えば、カツオを購入しようと市場を訪れた際に、魚屋さんが一般的な市場価格よりも大幅に「高い」価格を提示したとします。多くの場合、魚のプロではない一般の方は、それが高いか安いかの判断がつきません。 ただ、ここで言い値で購入してしまうのではなく、市場全体を見て回り、おおよその相場感を把握した上で適切な価格水準を予想することができれば、適正価格で購入できる可能性が高まります。 これと全く同じことが、企業の調達活動においてもいえます。複数のベンダーに相見積もりをかけたり、あるいは競売させることにより、1社の見積もりで判断する以上に良い条件を引き出すことが可能です。   ただ、上記のような手順を踏んだとしてもまだまだ適正価格とは乖離があり、実際には交渉の余地が残ってしまっているケースが少なくありません。 より最適な価格条件で契約を締結しようとした場合、コスト削減のプロであるコンサルティングファームに発注をするか、またはLeanerのような適正価格が分かるクラウドサービスを利用する、といった手段が考えられます。     共にコストがかかる手法ではありますが、抜