【基礎編】コスト削減の目標設定・KPI管理方法

コスト削減に取り組む際、よく悩みのタネになるのが、「KPIをどのように設定するか」。

そのノウハウはなかなか世に出回っておらず、どのように決めたらいいのか、またどの指標を追うべきなのか、悩まれる方も多いのではないでしょうか。

当然のことながら、コスト削減を実現させるためには、正しいKPIを設定し、モニタリングすることが重要です。

では、適切なKPI設定とはどのようなものなのでしょうか?

本記事では、まずはじめに抑えておきたい基本的なKPIについて解説します。

TEXT BY Leaner Magazine編集部

 

コスト削減におけるKPIの重要性

 KPIとは「Key Performance Indicator」の略で、目標が達成されるまでに、そのプロセスが適切に行われているのかを計量する、定量的な指標のことです。

 計画を実行する前に目標をあらかじめ設定しておくことは、何事においても大事ですが、コスト削減においては特に重要です。

 コスト削減で成果を出すために最も重要なことの1つが「PDCAサイクルを継続すること」です。仮説を元に施策を行い、定期的に成果をモニタリングすることで、削減策の評価・見直しを行う。これを効果的に実行し、かつ継続するためには、判断の根拠となる定量的な指標が不可欠です。あらかじめ設定していたKPIとの差異を見比べ、定量的に考察することで建設的な見直しが可能になり、コスト削減の継続に繋がります。

 

コスト削減で計測すべきKPI

 KPIを考える前に、まずは自社の支出状況を正確に把握する必要があります。

 初めて支出分析をする方が、まず最初に見える化すべき切り口は、主に以下の3つです。

1.何を(Category)=費目
2.どこから(Supplier)=取引先
3.誰のために(Unit)=組織・人      

 

 これら3つのカテゴリごとにどれくらい支出しているのかを把握していきます。まず最初は、「切り口あたりの支出金額」を算出することをおすすめします。

1.費目(Category)あたりの支出 (Spend/Category)
2.取引先(Supplier)あたりの支出 (Spend/Supplier)
3.組織・人(Unit)あたりの支出 (Spend/Unit) 

 上記を算出することで、簡便かつより具体的なKPI設定が可能になります。例えば、「来期までに従業員一人あたりのタクシー費を10%削減する」「来期までに営業部署あたりの電気代を5%削減する」といったKPI設定ができるでしょう。漠然と「来期までに15%のコスト削減をする」と決めることとは、粒度の差が一目瞭然です。

 注意点としては、費目によってコスト構造の違いやベンチマークの有無、取引構造の違いなどの特性があるので、これらを踏まえた目標設定をすべきでしょう。例えば、タクシー費用はサプライヤーを切り替えることによるコスト削減効果がほとんど見込めない費目です。この場合には、自社内の抑制が主な取り組みとなるため、これを鑑みた適切な目標設定をする必要があります。

 

発展的なKPI管理方法

 より発展的なKPI管理法を紹介します。

 最近海外でトレンドになっているコスト削減アプローチの一つに「ZBB(ゼロ・ベースド・バジェッティング)」というものがあります。ZBBとは、前年度の予算をもとに次年度の予算を策定するのではなく、ゼロベースで毎年予算を立て直し、抜本的に無駄なコストの抑制を目指すアプローチのことです。

 上述のような支出分析とKPI設定を行うだけでなく、それに基づき予算策定をゼロから見直すという点で、既存のアプローチとは大きく異なります。「来期までに従業員一人あたりのタクシー費を10%削減する」という前年を基準とした目標設定ではなく、「来期のタクシー費適正予算は〇〇円」「四半期時点での部門別平均タクシー費は△△円を目指す」といった、本来あるべき理想的な支出状況から逆算した目標設定・KPI設定を行います。

 欧米では多くの企業がこれを取り入れ、大きな成果を出しています。基礎的な目標設定・KPI設定が理解できたら、ぜひ取り組んでみたいアプローチと言えるでしょう。

 

まとめ

 コスト削減におけるKPIについてご紹介してきました。3つの切り口から支出を見える化し、それぞれにおいてKPIを設定するという流れは、すぐに実践できるのではないでしょうか。

 本記事を、みなさんのKPI設定にお役立てください。