インタビュー

日本は、間接材購買の”後進国”。SAPジャパン・佐藤氏が語る「コスト意識を高く持てる企業の条件」とは

基幹システム(ERP)市場で世界一のシェアを誇る「SAP」。世界を股にかけてビジネスを展開する同社の目から、日本市場はどのように映っているのでしょうか。SAPジャパン・バイスプレジデントの佐藤氏は、「日本は特に間接材のコスト意識が低い」と言います。今回は佐藤氏と、Leaner Technologiesの大平・田中が、日本企業の間接材調達のリアルと、これから目指すべき理想の未来について語ります。