コスト削減

コスト削減に着手する前に知っておきたい、業種ごとのコスト構造

皆さんは、自社でどのコストが削減しやすいかを知っていますか?

企業によってコスト削減の余地が異なるのは当たり前のことですが、業種によってかかるコストや、削減のしやすい費用にも傾りがあります。

コストの中でも、特に「販売費及び一般管理費」に焦点を当て、運輸業・製造業・小売業・金融業・インターネット・情報通信業の代表的な企業を例に見ながら、どの費目に着目すると効果的なコスト削減が可能か、ご紹介します。

コスト削減

IT企業はコスト削減成果を出しやすい?インターネット業界特有の取り組むべき費目をご紹介

実はIT企業のコストは、他の業界の企業と比べて、構造的にコスト削減効果を出しやすいことで知られています。


一般的に、原価や人件費はコスト削減実現の難易度が高く、また売上に対するマイナス影響を与えるリスクが大きい費用です。裏を返せば、比較的削減が用意で、売上への影響を最小限に抑えてコスト削減を実現できる費用が存在します。その代表格が、間接費・経費です。


IT企業のコスト構造を見ると、これらの支出が占める割合が、他の業界と比べ比較的大きいことが分かります。それでは、その中でも具体的にどのような費目に取り組んでいくべきなのでしょうか?


今回は、サイバーエージェントやGMOといったリーディングカンパニーを例に出しながら、IT企業のコスト構造について解説し、どの費目に着手すべきかを紹介します。

コスト削減

法人向けパソコンにコストをかけすぎていませんか?見逃しがちなコスト削減のポイントを紹介

皆さんは、PCの費用を抑えようとする際に、どのような方法を取りますか?PCは、コスト削減の余地がなく、高価格な印象を持っている方も多いのではないでしょうか。しかし、機能を厳選した少し安めの製品に変えるなど、コスト削減のために目を付けるべき方法はいくつかあります。見逃している視点はないか確認してみましょう。

コスト削減

賃料削減は移転だけではない?オフィス賃料を削減するときの3つのコツ

どの会社にも固定費として計上されている賃料。ただ、コスト削減をする際は暗黙のうちに除外していることが多いのではないでしょうか。“賃料の削減”は比較的難易度が高いと言われていますが、賃料が経費に占める割合が大きいことも事実。難しいと言われている“賃料の削減”の実行可能性を高めるべく、3つのステップを解説していきます。

コスト削減

コスト削減のため他社と協力…?「共同調達」の概要とポイント

「共同調達」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。調達の際に、他社と協力したり、グループ会社間で連携し合うことで、調達プロセスを一本化することを指します。越えるべきハードルも存在する一方、導入に成功すれば、大幅にコスト削減できるかもしれません。共同調達のメリット・デメリットと、実際の取り組み情報についてご紹介します。